オススメRPGアプリ「聖剣伝説ECHOES of MANA」

【ネタバレあり】横溝正史・金田一耕助シリーズ!短編集「首」を紹介

前回は長編を紹介したので今回は短編を。
横溝正史先生の金田一耕助は長編以外にも短編も多く執筆されています。短編のほうが事件を未然に防いでいるので殺人防御率が高いと言われている。短編作品で有名なのは複数回映像化されている「車井戸はなぜ軋る」「黒猫亭事件」「殺人鬼」でしょうか。

またミステリー小説、短編集ということで長編のような難解なトリックを連想してしまいがちですが、短編集は登場人物の心情や内面、動機やシチュエーションの突飛さが強めなので、それらを期待すると肩透かしを感じるかもしれません。ただ犯人はわりと最後までわからない短編が多いので、犯人は誰だろうかと考えながら読んでみてもよいかもしれません。

ゆきんこ

今回は金田一耕助ファイル11「首」に収録されている4つの短編集を紹介します。犯人のネタバレ満載なので自分で知りたい方は回れ右でお願いします。

ありさん

この中ならどの話が一番好きなの?

ゆきんこ

インパクトが強くて忘れられない意味で「生ける死仮面」かな

\ 今なら割引セール中 /

目次

生ける死仮面

ぱくたそより

死体損壊(死●)とデスマスク、男色家の怪奇通俗事件と思いきや、中身はわりとわかりやすいもの。グロ要素も多めなので苦手な人は注意。犯人の行動や言動も異常性行為を見せかけたものなので、からくりの目的が分かると「なるほど」となる。金田一探偵の短編集はわりと「こういう」展開が多め。トリックはいわゆる「顔のない死体」「死体入れ替え」ですね。
「ズック」「ボロ」「アプレ」など当時使われていた言葉も見られるのでそれらを調べるのも面白いと思います。

ゆきんこ

ズックは「太い綿糸を平織にした厚手の綿布」のことを差すそうだよ。アプレは戦争後の混乱でモラルや価値観が崩壊して「戦前では考えられないような無道徳な行動をする若者」の事を差すみたい。

登場人物作中での立ち位置
金田一耕助私立探偵
緒方辰男事件の被害者。家出少年でバイ。美少年。
古川小六デスマスクつき腐乱死体と寝ていた男色家の彫刻家。「死体●辱」の罪で現行犯逮捕
古川光子小六の妻。自由奔放の美女。
緒方欣五郎重兵衛の養子で戸籍上は辰男の父親
緒方やす子欣五郎の妻
緒方重兵衛大地主ですでに亡くなっている
本橋加代重兵衛の愛人で辰男の生母
川北医師川北医院の医者。訳ありな患者も診る

花園の悪魔

ぱくたそより

ヌードモデルが花畑で犠牲になっているのは幽霊男に似ています。「アベック」というなつかしい言葉が出てくるのもさすが。当時話題になった「メッカ事件」「メッカ・ボーイ」の名前も出てきます。トリックは「男女入れかえ」「実行犯と工作犯が別にいる」当たりではないでしょうか。

登場人物作中での立ち位置
金田一耕助私立探偵
南条アケミ事件の被害者でヌードモデル
安川ナオミアケミの同僚のヌードモデル。
山崎欣之助ヌードモデルたちが夢中の慶大生で美青年。
鈴木良雄ヌードモデルが所属する東亜美術倶楽部の支配人。
お千代花乃屋旅館の女中
新造花乃屋旅館の庭師。死体発見者

蝋美人

ぱくたそより

事件捜査の一環としておこなれる死体復顔術を中心にした短編です。オルゴールの中に証拠が入ってる系は「薔薇と鬱金香」でも使用されていますね。トリックよりも妖艶な女に振り回された男たちの末路、とみるべきでしょう。

「白蝋の死美人」としてドラマ化しています。ドラマのほうでは佐藤の存在を丸々カットしたり事件を増やしたり畔柳と加寿子の子供がマリだったりと独自設定が入っていますが、おおよその流れは原作をなぞっています。

登場人物作中での立ち位置
金田一耕助私立探偵
畔柳貞三郎天才法医学者。復顔実験の実行者で事件の第二の被害者。
瓜生朝二畔柳教授の助手で若手彫刻家
立花マリスキャンダラスな女優で信造の妻。現在行方不明
伊沢加寿子伊沢家当主にして伊沢女子学園の校長
伊沢信造伊沢家長男で小説家。事件の被害者
伊沢徹郎伊沢家次男
伊沢早苗伊沢家長女
雄島隆介早苗の婚約者
佐藤亀吉白骨死体の発見者。

滝の途中に突き出た獄門岩にちょこんと載せられた生首。まさに三百年前の事件を真似たかのような凄惨な村人殺害の真相を探る金田一耕助に挑戦するように、また岩の上に生首が……。
被害者は村にロケに訪れた映画監督だった! 名推理に照らし出される意外な真実、そして二つの事件の関係とは?

「首」より

「獄門岩の首」としてドラマ化しています。いわゆる「岡山」モノのひとつで、舞台は岡山の某所です。金田一探偵で見かける「人道的良心」「職業的良心」もでてきます。トリックもストーリーも短中編ものとしてはかなり良くできていると思います。何度も読みなおしてトリックを理解しました。

登場人物作中での立ち位置
金田一耕助私立探偵
里村恭三映画監督。色好みで有名。事件の犠牲者
内山進治郎男優
香川千代新人女優
土井新助監督
服部千吉カメラマン
達夫道子の旦那で婿養子。1年前の被害者。
道子熊の湯の女将で1年前に亡くなっている
啓一道子の子供で熊の湯の跡継ぎで幼児
幾代熊の湯の女将代理
鎌田十右衛門三百年前の地方の名主。「クニシン様」と呼ばれている

金田一耕助短編集のまとめ

写真はぱくたそよりお借りしました

金田一耕助といえばやはり田舎の大きな一族と遺産相続、の印象がありますが短編集を見れば都会で男女の痴情のもつれが書かれています。短編集ではトントンと事件を解決しているので、長編でのイメージががらりと変わるのではないでしょうか。

エログロ要素が強めの短編集ですが、登場人物の心情描写ややりとりなど書かれているので、刺激が欲しい方なら読んでみて損はありません。

こちらから購入できます

第二弾はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
▲TOP
目次
閉じる