オススメRPGアプリ「ロードオブヒーローズ」

【ネタバレあり】横溝正史・金田一耕助シリーズ!映像化が難しい3つの長編を紹介

たまには趣向を変えて。
ミステリーの大家・横溝正史氏の金田一耕助といえば知らぬ人は知らぬ作品。長編の多くは映画化・TVドラマ化していますがなかには内容が色々とやばすぎて現代において映像化できないと言われた作品があります。まだ規制が緩かった1960年~1980年代でも映像化できなかったのですから、さらに規制が厳しい2020年以降となっては映像化はほぼ不可能でしょう。

ゆきんこ

どの作品も通俗要素が強い&都会の話なので、金田一耕助=田舎の因習モノと思っている人が読むとびっくりしそう

内容がエキセントリックというかエログロ要素が強くてお茶の間での放映不可。そんな3つの長編作品を紹介します。
「幽霊男」は1954年に河津清三郎氏主演で映画化、「白と黒」は1962年に船山裕二氏主演で二時間ドラマ化しています。さすがに長すぎるのでかなり省略されていますが……。

\ お値段は4603円 /

金田一耕助シリーズを購入する・読むならこちらから!

通勤や片手間におすすめ!

目次

幽霊男

神田神保町の裏通りにあるヌードモデル仲介業「共栄美術倶楽部」に初めて現れた異相の男、その名も佐川幽霊男。彼の依頼を受けたモデルが、ホテルの浴槽の湯の中で殺され、そしてさらに……。
猟奇マニアたちの秘密の巣でもあったその倶楽部に金田一探偵が登場。右往左往しながらも、欲望に溺れて堕ちたマニアたちの犯罪を鮮やかに解決!妖気漂う原色怪奇まんだら。

角川文庫「幽霊男」金田一耕助ファイル10より

出版は1974年発行ですが連載は1954年です。映像化しにくい原因としては通俗要素多めなことでしょうか。「田舎!」「因習!」「遺産相続!」とかではなく犯人の動機も下記に書いている内容なので、映像にしにくいのかもしれません。ちなみに作中で月琴島の話が出てくるので、少なくともこの事件は「女王蜂」より後の事件になります。
犯罪トリックは「実行犯が別にいる」「被害者が犯人に協力」「被害者が荷物移動」といったもの。当たり前のように全裸シーン(ヌードモデル)や死体損壊(いわゆるバラバラ●人)がでてくるので、これも映像化が難しい理由なのかも。

登場人物作中での立ち位置
金田一耕助私立探偵(今回ボーイのコスプレもする)
佐川幽霊男事件の犯人と呼ばれる男。誰かの変装。
宮川美津子ヌードモデルで四人目の被害者。
西川鮎子ヌードモデルで五人目の被害者。
小林恵子ヌードモデルで最初の被害者。
武智マリヌードモデルで三人目の被害者。
都築貞子ヌードモデルで二人目の被害者。
建部健三共栄美術倶楽部の常連の新聞記者。
菊池陽介共栄美術倶楽部の常任の助教授。
小林浩吉最初の犠牲者・小林恵子の弟。
加納三作共栄美術倶楽部の常連の外科医。
河野十吉蝋人形職人。
三橋絹子ミモザの女主人で斜陽族の令嬢。
ゆきんこ

幽霊男は長編だし角川文庫で定期的に復刊されているので気になった人は読んでみよう。

白と黒

平和そのものに見えた団地内に、突如怪文書が横行。プライバシーを暴露する陰険な内容に、住民たちは旋律を覚える。その矢先、団地のダスト・シュートから真っ黒なタールにまみれた女の死体が発見された。眼前で起きた恐ろしい殺人に団地の人々の恐怖は頂点に達する……。
謎のことば「白と黒」の持つ意味とは? 団地という現代都市生活特融の複雑な人間関係の軋轢と、葛藤から生じる事件に金田一耕助が挑戦する!!

角川文庫「白と黒」金田一耕助ファイル18より

金田一作品としてはかなり後期のタイトルです(この後に悪霊島、病院坂と続く)。「田舎=金田一」と思われがちですが今回の舞台は「団地」です。この作品は1960年代に一度映像化されたっきりです。映像化しやすい設定なんですが、逆に映像化できない理由は「動機」というかとある団体がうるさそう、というのもあるから……ですかね。でも中盤の中だるみを除けば読んでいて不快感はないんですよね。やっぱさすがだなあと思います。
団地が舞台ということもあり登場人物も八つ墓村並みに多いこと、そしてタールぶっかけという類を見ない死体再現が難しいのも、映像化が難しい理由の一つと言われてます。あと犯人が若いこと

石炭,石油,木材のような炭素化合物を熱分解するとき残留する黒ないし褐色の油状瀝青物質の総称。石炭の乾留で得られるコールタールはその代表的なものである。再蒸留して各成分に分けて合成化学工業の原料に使われるほか,そのままで塗料,燃料にも使われる。コールタールのほかに,頁 (けつ) 岩タール,木タール,オイルガスタール (石油のガス化副産物) ,石油タールなどがある。

コトバンク「タール」より

トリックは「顔のない死体」「殺人犯とその後の死体遺棄の担当が違う」などあげられます。というか十中八九「顔のない死体」かと。

登場人物作中での立ち位置
金田一耕助私立探偵
S・Y氏金田一の友人で、彼の事件を小説にしている作家。
緒方順子事件の依頼者で怪文書の被害者。かつて「ハルミ」と呼ばれたホステス。
戸田京美怪文書の被害者で自殺未遂をしている。義理の伯父と二人暮らし
須藤達雄順子の旦那。事件の二番目の被害者。
片桐恒子洋裁店「タンポポ」のマダム。事件の最初の被害者。
根津伍市日の出団地の管理人の一人。元職業軍人。
宮本タマキタンポポの針子。事件の三番目の被害者。
榎本謙作スターの卵。
姫野三太スターの卵。
伊丹大輔タンポポを含む商店街の家主で近辺の大地主。
水島浩三落ち目の絵描き。元売れっ子画家。ぶっちゃけ元凶はお前だよ
河村松江タンポポの通い女中(アルバイト)
一柳忠彦前代議士。先妻との娘勝子がいる。
根津由起子根津の娘。
ジョー根津が飼っているカラス。事件の最大の功労者。

悪魔の寵児

胸をはだけ、乳房をむき出しに折り重なって発見された男女。すでに、女は息たえ、白い肌には不気味な死斑が浮き出ていた……。
情死を暗示する奇妙な挨拶状を遺して死んだ美しい人妻。不倫の恋の清算か? 闇行為で財を成したしたたかな実業家の周辺につぎつぎに起こる猟奇殺人事件!
ジメジメと湿った雨の日に、亡霊のようにあらわれる<雨男>、消えた死体の謎。名探偵金田一耕助の鮮やかな推理の冴え!

角川文庫「悪魔の寵児」より

金田一耕助作品では最もエログロ要素が強く、いろんな意味でアウトな作品。映像化できない理由は「死体凌●」「情交のポーズで死んでいる」「SM描写がある」「寝取り寝取られ描写がある」「エログロ」などポルノ映画並みに危ないから。ただミステリーとしてはしっかりと出来上がっているため、犯人は果たして誰だろうと予測できる展開が続きます。
ストーリーテラーが金田一探偵ではなく「水上三太」という新聞記者なのも特徴であるうえ、被害者が発見される際、男女一対で発見されています。
犯罪トリックとしては「共犯」「被害者の名前を使用」「被害者を操って犯罪に加担」など。私は割と好きですがとにかく好みが分かれる作品の一つだと思います。

登場人物作中での立ち位置
金田一耕助私立探偵
雨男今回の事件の犯人。悪魔の寵児と後世で呼ばれる
水上三太新聞記者。早苗に惚れている
風間欣吾成り上がり実業家。マジで全部お前のせい。
風間美樹子欣吾の本妻で華族・五藤家の娘。元有島子爵の妻で最初の犠牲者
城妙子欣吾の愛人でバーのマダム。六番目の犠牲者。
保坂君代欣吾の愛人で美容院経営者。二人目の犠牲者。
宮武益枝欣吾の愛人で洋裁店の経営者。三人目の犠牲者。
有島忠弘元華族で斜陽族。美樹子の先夫。六番目の犠牲者。
石川宏美樹子のツバメと呼ばれる若手画家。心中未遂。
石川早苗妙子のバーで働くホステスで欣吾の愛人。
望月種子欣吾の元妻。蝋人形屋敷を運営。サド。五人目の犠牲者。
黒田亀吉腕のいい人形作り師で種子の愛人。人形職人。マゾ。四人目の犠牲者。
湯浅朱美銀幕の大スターで欣吾の最後の愛人。
及川澄子欣吾が最初に付き合った女中で既に亡くなっている。
ゆきんこ

後味の悪さも人によっては随一だとおもう。ほとんど罪のない人間が殺されているしね

映像化に恵まれない金田一シリーズ三選のまとめ

ぱくたそからお借りしました

金田一耕助シリーズの長編タイトルでありながら映像化に恵まれない不遇の三作品を紹介しました。映像化されない原因の多くは「世間が抱えるイメージとかけ離れる」「規制が入る」「時代にそぐわない描写がある」といった映像を作成する側の問題といえます。
横溝正史先生ということもあり、どのタイトルも読みやすく時代考証を考えると考察も深まるので、映画やドラマでしか見たことないけど……とおもい、原作が気になった方はぜひとも読んでみてはいかがでしょう。長編は長いから、と思う方は短編集から入ってみてもいいと思います。

長編はこちらから

短編集はこちらから

ゆきんこ

NHKの映像化作品はどれも面白いからこの方向性でやってほしいな。貸しボートとか黒欄姫とか映像化は初めてだったもんね。凄くよかった

金田一耕助シリーズを読むならこちらから

聞く読書!

オーディオブック (audiobook.jp) - 聞く読書

オーディオブック (audiobook.jp) – 聞く読書

OTOBANK Inc.無料

★★★★★★★★★★

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
▲TOP
目次
閉じる